フラッシュモブに結婚式余興

お電話

結婚式披露宴の起源|東京フラッシュモブエターナリー

室町時代からの婚礼文化

結婚披露宴の起源である婚礼文化は、室町時代にはほぼ整ったとされています。

そして披露宴は、平安時代から鎌倉時代の婿入り婚が始まりとされています。
それは、夫が嫁の家に三日連続で通うことで結婚を認められるというものです。

三日目の晩に、妻の自宅で両親や親せきなどに新郎をお披露目する宴が開かれました。
これが披露宴の始まりとも言われています。

やがて武家社会の発展とともに、現代の嫁入り婚の形態に変化してきました。
男性の家に嫁として嫁ぐというかたちで家族の一員として認められると、結婚が成立します。

そして夫の自宅にて両家の両親や親せきを招いて、お嫁さんを披露するようになりました。
なので披露宴の起源から考えると、結婚した相手を披露するという意味合いがあります。

ウェディング業界の発展

現在の結婚披露宴は、ブライダル業界やウェディング業界の発展が大きく支えています。
ウェディング業界は明治時代に西洋の写真の技術を学んだ写真館がきっかけです。

写真館が結婚の記念に夫婦の記念撮影を始めました。

また美容関係者や写真館が一緒になり、
お見合い写真を手がけるようにもなりました。

とくに戦前はほとんどがお見合い結婚で、
相手を知る材料の一つとして写真はとても有効的でした。

戦後は、結婚式場に写真スタジオがおかれ、上級階級の間で結婚披露宴を行うことが流行していきました。

1990年代に入り、料理へのこだわりが強くなると、
レストランウェディングがブームになりました。

新郎新婦らしい自由に設定できることが人気につながったのです。

東京フラッシュモブはエターナリーへ

いつしか親族に結婚相手を披露することが目的であった時代から、
披露宴に集まってくれた人たちへの料理のおもてなし、
あまった時間の余興による披露宴の演出など、
多彩なおもてなしをするようになりました。

日本人独特のおもてなしの心が、
今の結婚披露宴、余興へと進歩していったのでしょう。

結婚式の余興にフラッシュモブはいかがでしょうか?

東京フラッシュモブはもちろん

1都7県を始め、いけるところまで演出させて頂きます。

選曲や演出でお困りの方でも

ご提案させていただきます。

エターナリーのフラッシュモブは

業界でも屈指の安さです!

もちろん、クオリティもご満足いただけるレベルです!

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

東京フラッシュモブならエターナリー