フラッシュモブに結婚式余興

お電話

ジューンブライドフラッシュモブ

こんにちは!

フラッシュモブエターナリーの牧野です。

6月になりまして、いよいよ梅雨入り・・・

ジメジメした感じが続きますが

6月と言えば、ジューンブライドですよね。

結婚式と言えば、とも言い換えられますが

そもそも「ジューンブライド」とは

どんな意味や語源かご存知ですか?

本日はそんな「ジューンブライド」について

お話いたします。

海外では6月が最高の結婚式シーズン

「ジューンブライド(June bride)」とは、古くからヨーロッパで

「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのことを言います。

意味や由来については諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、

結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、

この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。

女神と、月から来ていたのですね。

また、かつてヨーロッパでは、

農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。

そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、

祝福ムードいっぱいだったからという説もあるようですね。

ジューンブライド(June bride)にあたる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、

海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、

心地よい気候で結婚式が行える季節。

特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。

ですが、日本では北海道を除き

梅雨のシーズンになってしまいます。

ですが、これも取り入れ方を上手くやってみてはいかがでしょうか。

入籍日を6月にする

一般的には、6月に挙げる結婚式のことをジューンブライドと呼ぶことが多いようですが、

「挙式」のことを指すか「入籍」のことを指すか明確な決まりはなく、

6月に入籍(婚姻届出)することをジューンブライドと呼んでも問題はありません。

つまり、結婚式ではなく、入籍日を6月にしてしまうというのも

1つの方法なのです。

天候などが心配な方は、挙式は別の月にして入籍日のみ6月を選んでみてはいかがでしょうか。

雨でも安心な全天候型の結婚式場を選ぶ

結婚式場の中には、雨にも対応できるインナーガーデンや

吹き抜けのテラス空間が用意されている会場もあります。

天候に左右されないので、雨が降った場合でも晴れの日と同じように

ウェルカムパーティやフラワーシャワーといった演出が思いのままに出来ます。

また、ガーデンウエディングなど会場が屋外の場合も、

別の場所で予定通りのプログラムが行えるところが用意されているのが一般的です。

そして、サプライズ余興としてフラッシュモブも

天候に左右されず出来るサプライズ余興の1つです!

雨の中来てくださった参列者の皆様に

新郎・新婦からフラッシュモブがあったとしたら

とても嬉しいサプライズになりますよね!

是非、フラッシュモブもご検討くだいね。

まとめ

ジューンブライドフラッシュモブ

ジューンブライドについてはいかがでしょうか?

意外と知らなかったという方もいらっしゃったのではないでしょうか。

入籍日を6月にするというのも

なかなか斬新なアイデアですよね。

そして、ジューンブライドフラッシュモブをやってみてはいかがでしょうか。

エターナリーのフラッシュモブは最短14日あれば、ご依頼から

演出まで可能です!

演出内容によっては、7日でも可能ですので

是非一度お問合せください。

7日の間に、会場の下見とお客様の2時間レッスンも

しっかりとやらせていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。

フラッシュモブは高品質低価格の

エターナリーへお任せください。

ジューンブライドフラッシュモブ

お問合せはこちら

<主なご対応エリア>
東京、神奈川、千葉、 埼玉、茨城、栃木、 群馬、静岡、長野、 大阪、京都、奈良、兵庫 (記載以外もご相談に応じます!)

新着情報

連絡先はこちら

動画

コンテンツ