フラッシュモブに結婚式余興

お電話

ヒップホップフラッシュモブ

エターナリーのフラッシュモブでは、主に2つのジャンルのダンスをご提供しています。

ひとつはヒップホップダンス、
もうひとつはジャズダンスです。

ものすごーーーーく噛み砕いてご説明すると、
ヒップホップダンスはかっこいい系、
ジャズダンスはきれい系のダンスということで区分することができます。

今回は、エターナリーのフラッシュモブのダンスジャンルのひとつであるヒップホップダンスについて、どのようなダンスなのかをご紹介します。

とはいえど、ヒップホップダンスは定義をするのが最も難しいジャンルと言われています。
それは、時代によって様々なスタイルや呼び方が存在するからです。

もともとは1970年代のN.Y.の貧困層のパーティから生まれた音楽スタイル、ダンススタイルなのですが、一般的にはヒップホップの文化から発生したダンスには以下のようなものがあります。

ブレイクダンス→頭でくるくる回ったり、アクロバットな動きをするジャンル。

ポップダンス→ロボットダンスのように、体の各部分の筋肉をはじいて踊るジャンル。

ロックダンス→鍵をする(lockする)ように、決まった型を用いて、カチッと止める動きがはいったジャンル。

上記のジャンルは1970年代初頭からあるもので、「オールドスクール」と呼びます。
反対に「ニュースクール」と呼ばれているものが世間一般でいうヒップホップダンスです。

その中間をミドルスクールと呼ぶこともあります。
しかし、これは日本人特有の分け方で、明るいというよりも暗く、重い動きのヒップホップダンスのことをそう呼びます。

また、跳ねるようなスタイルのニュージャックスウィング(ホーシングともいいます)や、女性っぽいスタイルのガールズヒップホップ、レゲエの動きをとりいれたレゲエヒップホップなど、現代では様々な区分がされています。

ヒップホップの代表的なステップとして、ランニングマン、ブルックリン、ロジャーラビット、ポップコーン等が挙げられます。

ヒップホップは、音楽やファッションなど、様々な観点からご説明することができるのですが、ダンスの分野に関しては以上になります。

ヒップホップダンスの中でも様々なジャンルがあるので、
「こんな雰囲気のフラッシュモブにしたい!」
「こんな曲で踊りたい!」
という要望に応えられるヒップホップダンスが必ず存在します。

ご興味のあるかたは、ぜひ一度エターナリーにお気軽にご相談ください♪

格安フラッシュモブ料金はコチラ☆
業界最安のフラッシュモブ料金!

お問合せはこちら

<主なご対応エリア>
東京、神奈川、千葉、 埼玉、茨城、栃木、 群馬、静岡、長野、 大阪、京都、奈良、兵庫 (記載以外もご相談に応じます!)

新着情報

連絡先はこちら

動画

コンテンツ