フラッシュモブに結婚式余興

お電話

キリスト教結婚式

結婚式といえば、日本でもチャペルで執り行うイメージが一般的です。
本来、チャペルとはキリスト教による神聖な場所です。
今回は日本の結婚式の基盤となったキリスト教の挙式についてご紹介します。

キリスト教結婚式

キリスト教には、主にプロテスタント系とカトリック系のものがあります。
宗派により多少結婚に対する教えや式の順序に違いがあるのはご存知でしょうか?

最近は、教会や結婚式場内のチャペル、あるいは海外の教会で挙式する人が多くみられるようになりました
新郎、新婦ともに信者でない場合でも、あらかじめ教会の承諾を得られれば、挙式をすることが可能です。

今回はカトリックの挙式についてご紹介します。
カトリック教会は、ローマ・カトリック教会をさし、結婚式は男性と女性に課せられた義務とし、結婚式も神聖な儀式として進められます。
基本的に同性愛はキリスト教では認められていません。

結婚の儀式は、婚姻の祝別式と婚姻のミサ聖祭の2つの儀式からなります。
婚姻の祝別式とは、結婚式を指し、訓話、婚姻の誓約、結婚指輪の交換の順で進められます。

おおまかな流れは以下です。

1.参列者入場・着席
2.新郎新婦・証人の入場(式司祭入場に続いて新郎が父親・証人とともに入場。続いて新婦が父親・証人と入場)
3.祝詞と挙式前の祈り・聖書奉読(新郎新婦は祭壇に向かって並び、司祭は聖書を読み上げる)
4.説教
5.誓約誓言(新郎新婦は向かい合って握手し誓いの言葉を述べる)
6.指輪の祝別と交換
7.祝福の祈り
8.結婚証書への署名(新郎・新婦・証人・司祭の順に署名)
9.終了の挨拶と祝福
10.新郎・新婦退場
11.参列者の祝詞

なんだか、流れは日本の一般的な結婚式のものと似ています。

宗教が違えど、愛する人との一生の誓いをたてること。
大切な人の前で誓いをたてることになんら変わりはありません。

キリスト教野の結婚の儀式を行ったあと、フラッシュモブをされるのはいかがでしょうか?
厳粛な式のあとは、フラッシュモブで場を盛り上げましょう!

ご興味のある方はぜひエターナリーまでお問い合わせくださいね☆

格安フラッシュモブ料金はコチラ☆
業界最安のフラッシュモブ料金!