フラッシュモブに結婚式余興

お電話

焼酎に、茶筒…九州の伝統ウェディングとは

全国ウェディング事情第3弾

こんにちは!
フラッシュモブエターナリーの池田です。

今回はご当地ウェディング第3弾!
地域性あふれるご当地ウェディング事情を
ご紹介していきたいと思います。

場所が変われば、風土が変わる、
方言も変わる、風習も変わる・・・

そしてウェディングの形式も変わるんですよ!

今回は九州エリアの
ご当地ウェディング編ですよ!

九州各県のウェディング事情

九州地方の結婚式・披露宴は
結婚式場やホテルで行なわれるのが一般的のようです。

また、参列者が比較的気軽なスタイルで出席していることが
多いです。

そして九州男児に代表されるように、
男性側が金銭的には多く負担する傾向も特徴です。

九州各県のウェディング常識をご紹介します。

☆福岡県の結婚式

結納前に「酒」と「鯛」と「お茶」を
女性宅へ持参する「一生一代の儀式」が残っています。

結納品にもお茶を付け、
筑後地方では近隣や親戚に「茶筒」を配る風習も。

☆佐賀県の結婚式

有明海岸では「ブリ」などを結納に持参する習慣があります。
また、農村部では結納披露の「お茶講」も残っています。

披露宴の新郎新婦入場に頭上に釜のふたをかざしたり、
両家代表が謡に合わせて杯も酒を回す風習がある地域もあります。

☆大分県の結婚式

大分県の披露宴は万歳三唱でお開きになるのが一般的。

☆長崎県の結婚式

100名以上の大規模披露宴が多く、
雲仙、島原エリアではこの傾向が顕著
ゲスト200~300名も珍しくありません。

☆熊本県の結婚式

親族とその他の二部に分けて披露宴を行う
風習があります。

ゲスト300名超え、
余興中心の披露宴が8時間ほど続くこともあります。

☆宮崎県の結婚式

花嫁を「鈴の鳴る馬」に乗せ、
鵜戸神宮にお参りした風習の名残りで
日南市では「しゃんしゃん馬道中唄」で入場することも。

☆鹿児島県の結婚式

結納前の「もらいの儀」では
男性側がお菓子と焼酎を女性宅に持参。

披露宴は焼酎の一升瓶を持ち込み大宴会

鹿児島郡では、最後の吸い物として
焼酎に生卵を入れた「打ち込み卵」が出されるそうです。

九州のウェディングにフラッシュモブ

伝統あふれるご当地結婚式に
フラッシュモブのサプライズ演出はいかがですか?

フラッシュモブエターナリーは
お二人のかけがえのない大事なひととき」に
世界で一つだけの
「オーダーメイド」
「完全オリジナル」のサプライズ演出をご提案致し
ます!

ターゲットにサプライズをお届けるのはもちろんですが、
ご依頼者様、サプライズの場にいる全てのゲストにも
「忘れられないくらい胸が温まる時間」を
届ける為にスタッフ一同全力で挑みます!

フラッシュモブエターナリーは
高品質なサプライズ演出
をお約束致します。

「挙式まで時間がない!」
「費用面が気になる・・・」
「こだわりたい演出がある!」

などのご質問がありましたらお気軽にお問合せ下さいませ!

経験豊富なスタッフがしっかりとお答え致します。
エターナリーのこれまでの実績・経験を生かし
ご満足して頂ける「サプライズ演出」をお届け致します!

格安フラッシュモブプランはコチラ☆
フラッシュモブ料金

※実際フラッシュモブを行う場合には会場の許可が必要です。