フラッシュモブ

フラッシュモブのエールをもっと通行人から得るコツ

投稿日:2021年5月22日
更新日:2021年5月22日

フラッシュモブのエールをもっと通行人から得るコツ

フラッシュモブは観客のエールが、ダンサーや演出側のモチベーションになると言えるでしょう。

何か月も前から振り付けの練習をしても、観客が全くいない場合や通行人が無視して通過してしまうと、少し残念な気持ちになってしまうことも。

そこで今回は通行人や観客から、フラッシュモブのエールをもっと得るコツについて詳しくお伝えしていきますね。

 

フラッシュモブは失敗のリスクがある

恋人を喜ばせたい、サプライズの告白をしたいと考える人の間でとても流行っているフラッシュモブ。

当人同士だけではなく、その場にいる人もみんな巻き込んで盛り上がるのがフラッシュモブの醍醐味です。

みんなで音楽に合わせてダンスをして、仕掛人がタイミングよく登場すればうまくいくはず。

でもそんな簡単に考えてぶっつけ本番で行うと、失敗する可能性があることも理解しておく必要があるのです。

人生に一度の大切な瞬間、演出がうまくいかずしらけてしまったら、プロポーズの返事も心配になりますよね。

フラッシュモブは事前の打ち合わせや練習が必要なので、完成度をあげる準備をすることが必要でしょう。

 

通行人のエールを得るための準備

通行人の歓声や拍手、笑い声などはフラッシュモブに参加する人が勇気づけられて、多くの視線を集めながらさらにダンスも楽しく踊れるようになるでしょう。

そのためには「恥ずかしい」という気持ちを取り払っておくこと。失敗したらどうしようと思うのは、フラッシュモブでエールを獲得したい人すべてに共通する不安なのです。

でもあまり気弱になってしまうと、ダンスの失敗や演出の効果が得られない場合も。この時だけは成功させることだけに意識を集中させて、観客の視線と合わないように別世界にいる気持ちになるのも大切です。

もし仲間と計画をするなら人目を気にするタイプよりも、目立ちたがりの人を優先してメンバーを選んだほうがよいかもしれません。

 

フラッシュモブのエールのために盛りあがる演出を!

フラッシュモブのエールをもっと得るためには、通行人がハッとする音楽やノリのよい曲など、その場にたまたまいた人もすぐに盛り上がれる演出を考えたいですね。

たとえば若い人が多い場所なら比較的フラッシュモブは受け入れられやすく、観客も一緒に楽しめるでしょう。

逆に時間帯や場所によっては観客の層が変わることもあるため、反応を想定してフラッシュモブの舞台になる場所の下見をしておくと安心です。フラッシュモブ代行業者に相談や依頼をすることにより、とても魅力的なフラッシュモブにすることも可能になるでしょう。

無料相談はこちら

トップへ戻る