フラッシュモブに結婚式余興

お電話

フラッシュモブを参列者がメインで行うには

 

フラッシュモブを参列者がメインで行う方法もあります。新郎新婦や式に参加をする人のために、サプライズをするのも素敵ですよね。

新郎新婦は式の準備でとても忙しいので、参列者がサプライズをするために準備をするのも式が華やかになるため良いかもしれません。

今回はフラッシュモブを、参列者がメインとなり行うコツについてお伝えしていきましょう。

 

式場の雰囲気を把握しておく

式場については出来れば新郎や新婦にどのような雰囲気なのかを、聞いておくようにしたいですね。

親しい間柄なら式場名について、招待状を用意するまで教えてもらえる可能性もあるでしょう。

もし聞くことが難しいとしたら、オーソドックスな雰囲気のフラッシュモブにしておいた方が安心です。あまり奇抜な雰囲気にしてしまうと、式場の雰囲気に合わないケースもあるでしょう。

でもどのような雰囲気の式場でも合うようなフラッシュモブなら、とても理想的ですね。式には何名ほど呼ぶのかについては、新郎や新婦に早めに聞いておくことができるはず。

これによりダンサーが何名必要なのか、どのようなフラッシュモブにするとよいのかが分かってくるでしょう。

 

新郎新婦の好きな曲を使う

新郎新婦の好きな曲を知っているとしたら、その曲をフラッシュモブで使うようにしたいですね。

好きな色などが分かっている場合も、ダンスの衣装に取り入れるなどの方法もあるでしょう。

新郎新婦にとっての思い出の曲について、聞いたことがあったとしたらその曲を使うようにしましょう。「二人の思い出の曲ってある?」とフラッシュモブをすると決めた時に、聞くようにしてみてもよいですね。

 

ダンスが得意な知人や友人に声を掛ける

ダンスが得意な参列者がいるとしたら、ここで腕の見せ所となるでしょう。それでもダンスについてはアマチュアの可能性があります。

このためフラッシュモブ代行会社に依頼をして、相談をするようにした方がよいでしょう。相談をした時にダンサーを何名派遣してもらうのか、レッスンをどうするのかについても聞くことができるのです。

このうえでダンスが得意な知人には、大事な場面を担ってもらうようにするとよいですね。

 

フラッシュモブを参列者がするのなら

参列者については、リーダーを決めておくとまとまりやすくなるかもしれません。フラッシュモブに参加をした経験のある人をメインにして、皆で新郎新婦を楽しませるようにしましょう。

フラッシュモブをしたことにより、参列者にとってもこの結婚式がとても思い出深く貴重なものになる可能性があるのです。