フラッシュモブについて

フラッシュモブが嫌いなのはなぜ?理由を解明すると好きになるかも!

フラッシュモブが嫌いなのはなぜ?理由を解明すると好きになるかも!

フラッシュモブが嫌いなのはなぜか、その理由について気になる人は多いのではないでしょうか。抵抗を持つ人もいるようですが、せっかく喜ばせようとプランを考えてくれた人の気持ちを考えると、好きになれる部分もあるかもしれません。

近年結婚式の二次会などで人気が高まっているフラッシュモブですが、今回はなぜフラッシュモブを苦手だと感じるのか、その理由について一緒に見ていきましょう。

 

フラッシュモブが嫌いな理由について

一生に一度の大切な瞬間を演出してくれる「フラッシュモブ」。嫌いな理由とは何か、考えられるポイントからまずはお伝えしていきますね。

恋人にフラッシュモブでプロポーズしたいけれど、相手が嫌がる場合は無理にやるべきか、それとも断念するかはとても難しい決断。まずは嫌いだと感じる理由から理解してみましょう。

 

寂しい気分になるから

感動的なラストシーンなど、海外のフラッシュモブ映像などを見ると、自分が主役になった時を思わず想像してしまうもの。

しかしフラッシュモブは、すべての人が好きなわけではなく苦手な人がいるのも事実。その理由としては身近な人たちが集まり、自分に内緒ですべての内容が計画されていたことに対して、なんとなく寂しい気分になる人もいるからでしょう。

フラッシュモブはサプライズ要素がメインなので、仕掛け人をはじめ事前に準備されていることがたくさんあります。

「パートナーとはなんでも共有したい」と思う人は、フラッシュモブを準備した相手に対して嬉しいというよりも複雑な気持ちを持つケースもあるかもしれません。

 

照れてしまうから

フラッシュモブが嫌いな理由で一番多いのが照れてしまうから。知らない人の前で告白されて返事をするという瞬間。

みんなが応援してくれるのは嬉しいけれど、パートナーが必死でダンスの振り付けを披露している姿を見ているとなんだか照れてしまう人もいます。

返事は「YES」だとしても、大勢の前で自分が注目される場面というのは、人によっては居心地がよくない場合もあるでしょう。

内気な人ならとくにフラッシュモブはハードルが高く、その場にいるのが辛くなってしまう可能性があるかもしれません。

 

他人に迷惑を掛けたくないから

フラッシュモブが嫌いな理由としては、通行人や披露宴の招待客など、他人にも迷惑が掛かるように感じるため。

幸福な瞬間を見守るのは素敵なことですが、逆に自分が全く知らない人のフラッシュモブを見掛けた時に、びっくりして見てしまう可能性もありますよね。

いきなり音楽が流れ周囲の人が踊りだすと、関係ない人はどうしていいのか分からないと感じることも。

「まるで一方的に押し付けるように感じるのでちょっと…」と思っている人は、フラッシュモブを好意的に受け止められないのです。

 

二人だけの瞬間にしたいから

夜景の綺麗な公園、はじめてデートした場所など、二人だけが知っている思い出はたくさんありますよね。

そんな特別な場所でプロポーズをされたいと思うのは当然のこと。二人だけの大切な瞬間なので、他人に見せる必要はないと考える人もいます。

フラッシュモブを目立つイベントだと感じるので、自分が当事者にはなりたくないのでしょう。ずっと忘れたくない思い出だからこそ、二人だけの空間にしてほしいのです。

 

自己満足に見えるから

いつも自分が中心で目立つことが好きな人は、フラッシュモブに憧れるケースが多いでしょう。しかし大切なのは誰のためにやるのか。フラッシュモブが嫌いな理由には、相手が自己満足のためだけにやっていると感じるからかもしれません。

計画してくれるのは嬉しいのですが、本音としては「気持ちに寄り添ってくれていない…」と思うケースもあるのです。

みんなに見てほしい、みんなと一緒に盛り上がりたい、そんな気持ちは必ず相手と同じものとは限りません。

せっかくのサプライズなので、あまり気持ちが乗らなくても仕方なく楽しまないといけないプレッシャーを感じてしまう人もいるでしょう。

 

NOといえないプレッシャーがあるから

フラッシュモブはサプライズの演出と感動的な終わり方が定番。「結婚してください」とみんなの前でプロポーズされたら、OKせざるを得ない雰囲気になる場合も。

「もう少し時間が欲しいから」とは言いにくいと考える人もいますよね。押し付けられるように感じて悩むケースもあるでしょう。

確実にOKしてくれると把握している場合でなければ、フラッシュモブができないとの不安はありますね。

 

フラッシュモブをポジティブに理解するコツ

フラッシュモブが嫌いなのはなぜ?理由を解明すると好きになるかも!

フラッシュモブが嫌いな理由は様々ですが、自分が仕掛け人になるか、その逆になるか、どちらの場合でもポジティブな面を理解することも大切。

フラッシュモブが人気なのは、皆さん次のような魅力を感じているからかもしれません。

 

気持ちを汲み取る

フラッシュモブが苦手という人は、まずその場面をイメージするだけではなく、時間をかけて計画してくれた相手の気持ちを考えてみましょう。

自己満足のためにやっているように見えるかもしれませんが、最終的には二人の思い出にしたいからこそ、フラッシュモブというサプライズ演出を選んでいるのです。

苦手なダンスの練習やサプライズのタイミングなど、本来なら何でも相談できるパートナーに内緒で頑張った姿をイメージすると感謝したい気持ちになりますよね。

 

一生忘れない瞬間になる

フラッシュモブに抵抗がある人でも大勢の人に祝福され盛り上がった経験は、一生の思い出になることは間違いないでしょう。

たとえ緊張をしたとしても、後で思い出せばとても楽しい出来事になっているはず。思い出作りのために様々なアイデアを振り絞ってくれたパートナーの気持ちを考えると、今まで以上に愛情を深く感じるようになれるでしょう。

 

自分が主役になれる

フラッシュモブが嫌いな理由は、想定外のシチュエーションに馴染めなかったり、主役の自分が落ち着いて楽しめなかったりすることも考えられます。

しかし一生の間、自分が主役になる場面は何度訪れるでしょうか。フラッシュモブは好き嫌いに関係なく、自分が主役になる舞台。

やってみるまでわからないことはたくさんありますので、実際に自分が中心人物になったら、楽しくて幸せな時間だと感じられる可能性もあるでしょう。

 

まとめ

フラッシュモブが嫌いだと思う人もいますが、逆にフラッシュモブをやりたい人の気持ちも理解してあげることが大切ですよね。

目的に合わせて少人数で行うフラッシュモブもありますので、苦手な人ができるだけ快適に過ごせるようお互いの思い遣りを大切にしながら計画をしてみましょう。

無料相談はこちら

トップへ戻る