フラッシュモブについて

フラッシュモブで緊張する理由と緊張を軽減させるコツについて

フラッシュモブで緊張する理由と緊張を軽減させるコツについて

フラッシュモブで緊張する…と思うと、不安になる人も多いですよね。これには理由がある場合が多いのです。

でも緊張を軽減するコツを把握しておくと、当日も自信を持って行うことができるでしょう。今回はフラッシュモブで緊張する理由、そして緊張を軽減させるコツをお伝えしていきます。

 

頑張りすぎてしまう

成功させたいという思いが強すぎて、頑張りすぎてしまうケースがあります。この場合は本来の実力以上のものを自分自身に求めてしまうことに。

結果として緊張につながる場合もあるでしょう。練習を積んできた日々を思い出すようにして、今の自分の実力を信じるようにしたいですね。

そうすると緊張が軽減して、楽な気持ちでフラッシュモブを行いやすくなるのです。頑張りすぎてしまうと、力が入りすぎて普段の良さが出しにくくなるケースもあるでしょう。

このため練習をある程度したうえで、準備をしていることを自信に変えるようにするのが理想的です。

 

人前が苦手なタイプ

人前で何かをするのが苦手なタイプの人は、緊張しやすい傾向にあります。例えば数名の前なら平常心でいられるのですが、人数が増えるほどにドキドキしてしまうケースも。

フラッシュモブをどの場所で何人のダンサーにて行うのかにより、規模は大きく変わってくるものです。

でも少人数なら大丈夫でも、人数が増えると緊張するというイメージを持つこともあるでしょう。

この場合は事前に多くの人の前で話す場面を想像して、スマホにて撮影をしながら自己紹介をしたりスピーチをしたりしてみるとよい練習になるはず。

人からどう見られているのか気になるタイプでもあるので、スマホで撮影した動画にて自分の表情や雰囲気が分かると、少し安心することが期待できるでしょう。

 

失敗したくない思いが強い

完璧主義の性格の人は、ミスについて厳しくなってしまうことがあります。このため失敗したくない気持ちが強くなり、緊張してしまう場合も。

適度な緊張感は大切ですが、あまり固くなりすぎると一緒にフラッシュモブをする人も戸惑ってしまうかもしれません。

仮にミスをしたとしても「今までにちゃんと準備をしてきたのだから大丈夫」と思うようにするとよいですね。

少しミスをした場合でも、愛情や感動があればそれで十分なのがフラッシュモブの魅力でもあるのです。

 

フラッシュモブにて緊張しそう…と思った時には

フラッシュモブを行う前に練習をしたり、演出についての確認をしたりすることが大切です。

この時間があまり取れなくても、量より質だと思うようにしてみましょう。フラッシュモブ代行業者に依頼をすることにより、緊張に対してのほぐし方を教えてもらうのも可能なのです。

無料相談はこちら

トップへ戻る