フラッシュモブに結婚式余興

お電話

フラッシュモブでの楽器演奏は実際に可能?

フラッシュモブと楽器演奏にて、結婚式の余興を盛り上げたい思いもあるかもしれません。実際にそれは可能なのでしょうか。

今回はフラッシュモブと、楽器演奏について詳しく見ていきますね。

 

生演奏の魅力

ピアノやギターなどが得意な人、もしくはゲストにプロがいるのなら依頼をしてみてもよいですね。

練習時間は必要になりますが、とても素敵なフラッシュモブになるでしょう。でも例えばアコギだけでは、少し物足らない演奏になってしまいます。

こういう時にはピアノと合わせて、セッションをするとよいですね。逆にピアノの場合は曲によっては、十分盛り上げることができます。

ピアノの生演奏でしか出せないような魅力もあるでしょう。ピアノが得意で、余興をしたいと思うのなら、フラッシュモブと組み合わせてみてもよいですね。

ダンスの練習のために、曲を録音しておいてもらうようにしましょう。そうすればダンスの練習の時には録音の音源を使えるので、当日の少し前に実際にピアノと合わせればよいので練習が進めやすくなります。

 

バンド演奏について

普段からバンドをしている知人がいる場合も。ギターやドラム、ベースやキーボードなどを使い楽器演奏をして、フラッシュモブをするケースもあるでしょう。

当日はかなり迫力のある余興になるはずです。ただ問題としてはバンドのメンバーとして、集まって練習をしてもらう必要があるということ。

そしてボーカルについては、どうするかを決めるのも重要でしょう。ボーカルが入ることで、演奏がかなり変わってきます。

楽器演奏だけにするか、ボーカルを入れるパートを作るかなど。フラッシュモブのダンスをするメンバーと一緒に、話し合うことが必要になるのです。

 

他の楽器を使う場合も

例えばギターやピアノ以外にも、サックスやトランペットなどの管楽器を使う方法もあります。

フラッシュモブをオーケストラのようにしてやってみるのも、とても豪華な雰囲気になるでしょう。

かなり素敵なサプライズになりそうですね。どのような曲を選ぶのかについても、色々と検討をしたいところです。

楽器演奏ができる知人や友人がいるのなら、余興について依頼をしてみましょう。このうえでフラッシュモブを入れると、どのような雰囲気になるのかをフラッシュモブ代行会社に相談をしてみるとよいですね。

 

フラッシュモブで楽器を演奏することについて

フラッシュモブで楽器を演奏するとしたら、楽器演奏者には必ず当日に来てもらうことが必要になります。

でも例えば体調不良などで、当日に来られないケースもないとはいえません。このため事前に録音をしておいたり、原曲を用意しておいたりした方が安心ですね。