結婚式フラッシュモブ

フラッシュモブを結婚式でやったら失敗!よくある例と成功させる秘訣について

フラッシュモブを結婚式でやったら失敗!よくある例と成功させる秘訣について

フラッシュモブを結婚式で失敗したとしたら、なかなかその出来事から立ち直るのが大変な場合もあるでしょう。新婚生活が始まったとしても、フラッシュモブというイベントの仕上がりによっては、幸福度が変わってしまうケースもあるかもしれません。

そこで今回はそのような不安を払拭するためにも、フラッシュモブを結婚式でおこなって失敗する例や、成功のコツについて詳しくご説明していきましょう。

 

フラッシュモブが夫婦の危機になるリスク

フラッシュモブは結婚式や披露宴にて行う人が増えていますが、必ず盛り上がり成功するケースばかりではありません。

このため「失敗しても大丈夫」という思いだけでは成功しにくいケースあるので、成功させる必要性について見ていきましょう。

 

価値観の違いを感じてしまう

フラッシュモブを結婚式で失敗させてしまうと、その後の夫婦生活で価値観の違いが浮き彫りになる可能性があります。

結婚式の後は幸福の絶頂で何事も楽しく見えるはず。しかしフラッシュモブはサプライズなのでパートナーの好みだけで計画されてしまい、静かな結婚式でみんなと幸福を分かち合いたいと思う自分との考え方にズレが生じることも。

必ずしもフラッシュモブがお祝いの演出になるとは限りませんので、価値観の違いが見えると将来が不安になるケースもあるかもしれません。

 

押しつけのように感じる

フラッシュモブは感動的なフィナーレや、みんなが応援して盛り上がるシーンを誰もが想定して計画しているはず。

しかし演出方法や準備内容によっては本番で失敗する可能性がありますので、一生に一度の大舞台で恥ずかしい経験をすると、悔しい気持ちが残るかもしれません。古風な人や大人しい人なら、フラッシュモブを苦痛に感じてしまう場合もあるのです。

 

信頼関係が崩れる

フラッシュモブが好きではないと普段から伝えていたはずなのに、結婚式でサプライズをされることも。

気持ちはありがたいのですが相談なしで勝手に計画をされるのは、信頼関係が崩れる原因になってしまう場合もあるのです。

もし失敗したとしたら友達や親戚に申し訳なく感じて、辛い思い出として残ってしまうでしょう。

幸福の門出のはずが自己中心的な考え方により台無しになってしまうと、結婚生活への期待感も薄れてしまうのです。

 

よくある失敗例について

フラッシュモブを結婚式で取り入れて失敗する状況について、よくあるケースをご紹介いたします。サプライズ演出なので、仕掛け人も仕掛けられる人も思わぬリアクションになる場合もあるでしょう。

 

照れてしまって踊れない

結婚式の司会者が仕掛け人になり最初の一人が踊り始め、徐々に花婿や会場の人が一緒にダンスをするはずが、恥ずかしくなり踊れなくなるケースもあります。

これもフラッシュモブを結婚式で行い、失敗する時によくある理由でしょう。すべてがプロのダンサーならうまくいくはずですが、サプライズ要素を取り入れるためには招待客にも仕掛け人になってもらう演出が好ましいですよね。

しかしあまりダンス得意ではない人なら、人前で踊るのを恥ずかしいと感じる場合もあるのです。

最初の一歩が踏み出せない、または全員で歌うところで声が出ないなど想定外の状態になる可能性もあるでしょう。

 

緊張しすぎて段取りを忘れる

結婚式で新郎が新婦をフラッシュモブでサプライズ、または新郎新婦が両親をサプライズなど、あらゆる人がフラッシュモブのターゲットに。みんなが驚き盛り上がってくれる状況を期待しながら、練習を重ねてきた人もいるでしょう。

しかし練習と本番の違いを感じ、覚えた振付を突然思い出させない場面も。「結婚式」というシチュエーションは、人生に一度の晴れ舞台です。

このためスピーチや余興に対しても、失敗が許されないという考えを持つ人は多いですよね。他のフラッシュモブシーンよりも緊張しやすい背景があり、大勢の人が見ているためとても緊張しやすくなるのです。

心の準備をしっかりとしておかないと、結婚式が始まった途端に平常心ではいられなくなることも。

頭の中が真っ白になり段取りを忘れるなど、せっかく準備した努力も無駄になってしまうかもしれません。

 

サプライズなのか判断できず会場が困惑する

フラッシュモブを結婚式で行う際に失敗する例でよくあるのが、ゲストがフラッシュモブを理解できずに会場が静かになってしまうこと。

ダンスや演出がしっかりと決まっていても、会場のリアクションが期待通りにならない場合もあるでしょう。

披露宴には高齢者や小さいお子さんも多く、フラッシュモブが何か分からない人も。突然新郎が踊り出す風景に対して、何が起こっているのか演出とは思えずに受け入れにくいケースがあるかもしれません。

後々サプライズ演出だと分かっても、みんなが苦笑いをして披露宴がなんともいえない余韻を残して終わる可能性もあるでしょう。

 

喜んでもらえなかった

フラッシュモブで失敗するのは、相手が基本的にサプライズを苦手にしている場合です。一生残る思い出として、相手が喜んでくれるだろうと計画をしたはず。

たとえ練習時間を費やしてプロ並みに上手なパフォーマンスを披露しても、逆効果になり相手が冷めてしまう例もあるのです。

結婚式や披露宴の最中に価値観のズレを感じると、その後も不安を持ちながら結婚生活がスタートすることになるでしょう。

 

フラッシュモブの成功ポイント

フラッシュモブを結婚式でやったら失敗!よくある例と成功させる秘訣について

フラッシュモブを結婚式で失敗しないためには、次の点を注意して準備してみましょう。ポイントを把握すると、成功する確率がかなり高くなるのです。

 

設備が十分かどうか

結婚式場や披露宴会場は音響や大画面スクリーンなど、準備が整っている可能性があります。でもレストランやレンタルスペースを使う場合は、演出に支障をきたすようなレベルの場合も。

ゲストに盛り上がってもらうためにも、事前にフラッシュモブに適した場所選びを意識しましょう。

 

繰り返し練習すること

当日の緊張や不安を取り除くためにも、繰り返し事前の練習が必要になります。遠方でみんなが集まれない時にはビデオ通話を使うなど、時間調整をしながらしっかり練習をしておきましょう。

絶対に間違えないという自信があれば、ゲストの視線も気にならずにパフォーマンスできるようになるのです。自分のためだけではなく、みんなが幸福になるための演出を心掛けてくださいね。

 

まとめ

フラッシュモブを結婚式で失敗すると、仕掛け人は自信をなくしてしまうかもしれません。結婚式の後には大切な二人の人生が待っていますので、幸先良いスタートにするためにも念入りな準備が必要になるでしょう。

不安を感じる時には事前にフラッシュモブ代行業者に依頼をしておくと、安心して準備をしていくことが可能になるのでお勧めです。

無料相談はこちら

トップへ戻る