神奈川フラッシュモブ

フラッシュモブは横浜が楽しい!照れずにダンスするコツはなに?

フラッシュモブは横浜が楽しい!照れずにダンスするコツはなに?

フラッシュモブは横浜なら中華街のレストランや結婚式会場、山下公園など観光客も集まる名所がたくさんあります。

場所柄とても思い出に残りやすいロケーションなので、成功させるためには見どころになるダンスがポイント。みんなが不思議そうな顔で見る中、照れずにダンスするコツはあるのでしょうか。

 

思っている以上に人は見ていないと思うこと

仕掛け人が最初にダンスを始めて徐々に参加者が増えていく様子は、YouTubeの動画ですでに皆さんも観たことがありますよね。

フラッシュモブを横浜で計画する時に不安を感じるのがダンス。普段やり慣れないことをする時、さらに失敗が許されない場面はかなり緊張しやすいものです。

そんな時は周囲の視線をあまり意識しないことがコツ。恥ずかしい、照れるという気持は、自分にプレッシャーをかけすぎてしまうため。

一人で練習している時は大丈夫だけど、誰かが見ているとうまくできないことがよくありますよね。

そんな場面の対策は「思っているほど他人は自分を見ていない」と暗示をかけて勇気をだしてみることなのです。

 

動画撮影して復習する

フラッシュモブを横浜で感動的に演出したい時は、ダンスを照れずに披露することが成功の秘訣です。でも参加者すべてがプロのダンサーとは限りません。

一度もダンスをしたことない花婿のダンスなども、ゼロからの練習になるでしょう。うまくできないだけではなく、当日は緊張感がさらに増すことも。

少しでも平常心でいるためには、練習風景を動画撮影して自分がどう見えるかよく観察しておきましょう。

体の動きや表情など周囲の人に見られる部分を理解しておくと、実際に見られる時の不安を軽減させられます。

 

時には開き直るのも大切!

フラッシュモブの結果を左右するほど大切なダンスは、振り付けを何度も練習しても恥ずかしさのあまり、動きが小さくなることもあるでしょう。

そんな展開にしないために、恥ずかしさで多少顔が赤くなったり冷汗をかいたりしてもいいのだと、多少開き直ってダンスに集中してください。

自分の心の不安ばかりを意識すると更にプレッシャーがかかってしまい、覚えた振り付けも忘れてしまうかもしれません。

緊張を少しでも楽しみながら、皆に見られるなら上手なダンスで驚かせるぐらいの勢いがあるといいですね。

 

フラッシュモブは横浜で素敵な演出を!

フラッシュモブは横浜なら素敵な場所なので、二人の一生の思い出作りができるでしょう。

ダンスをする時に照れる場面があっても、それを乗り越えて大切な人に気持ちを伝えることは、今後の自信にもつながるはずです。

無料相談はこちら

トップへ戻る