東京フラッシュモブ

フラッシュモブを東京で行いたいけれど練習する時間がない!そんな時はどうする?

フラッシュモブを東京で行いたいけれど練習する時間がない!そんな時はどうする?

フラッシュモブを東京で計画中の人もいるでしょう。本番で失敗しないためには、事前の準備や段取りは欠かせません。

でも参加者が遠方にいたり仕事が忙しかったりして、なかなか集まってダンスの練習ができない場合もあるでしょう。

このようなケースでは、別のサプライズを計画するべきなのかと悩むもの。では今回は練習する時間がない場合に、フラッシュモブを行う方法について詳しく解説していきましょう。

 

フラッシュモブの練習内容について

フラッシュモブは東京都内の施設でも多く実施されていますが、結婚式の二次会やプロポーズの場面など人生を飾る大切な人生の1ページに。成功させるためにも、振付の練習は十分にしておきたいですよね。

フラッシュモブの練習は大きく分けると2タイプあり、曲で覚える方法と未経験者向けのカウントをしながら覚える方法があります。

「1~8」までカウントしながら間をとって振付を練習するので、馴染みのない曲でもカウント方法ならリズムを掴みやすくなるでしょう。

フラッシュモブは会場を圧倒させるダンスがメインなので、みんなが踊りやすい練習方法にするのも大切です。

 

ぶっつけ本番でもできる?

フラッシュモブの練習時間は内容によって様々ですが、遠方の場合はリモートなどを使ってみましょう。

集まって練習する以外には、ダンスのビデオを共有してそれぞれが時間のある時に練習するのもひとつの方法です。

フラッシュモブが難しいと感じる「ダンス」、同じリズムで振付を間違えないようにするには同時の練習時間は欠かせません。

ぶっつけ本番で数時間練習をして行うケースも稀にありますが、よほどダンスが好きで事前にビデオで練習済みなど、土台が仕上がっていないと不安なまま当日を迎えることもあるでしょう。

 

練習時間ない時の対処方法

時間がなくて一緒に練習できない時は、ダンスの内容を簡単にして当日練習するのは可能ですが、練習不要のダンスだと納得できるレベルに仕上がらないことも。

そんな時はプロのダンサーに前半を踊ってもらい、曲のサビ部分だけをフラッシュモブの参加者が練習する方法もあります。これなら覚える振付が少なくて済みますし、曲のサビ部分なら覚えやすくなるでしょう。

いきなりのダンスはとても勇気が必要になるので、プロのダンサーやダンスが得意な人がメインとなりフラッシュモブを行うようにしたいですね。

 

フラッシュモブを東京で行うには

フラッシュモブを東京で行う際に練習時間が足らなくて悩んだ時には、フラッシュモブ代行業者に相談すると安心です。

例えばサビ部分だけなら事前にリモートでの練習がしやすくなりますので、見せ場だけを一緒に踊る計画もプロと一緒に検討してみましょう。

無料相談はこちら

トップへ戻る