フラッシュモブに結婚式余興

お電話

フラッシュモブに友人に参加をしてもらうなら何人がベスト?

 

「フラッシュモブに友人に参加をしてほしい」と思った時には、何人くらいにお願いをするとよいのでしょうか。

多すぎてもまとまりがつかず、少なすぎても寂しいと感じるかもしれません。理想的な人数について、お伝えしていきましょう。

 

新郎の友人を集めるとしたら

新婦にサプライズをしたいと思った新郎が思った場合には、新郎の友人に依頼をすることになるでしょう。でも新郎の友人だけではなく、できれば新婦の友人にも声を掛けるようにしたいですね。

その方が、より新婦が嬉しい気持ちになるはずです。新婦の友人に参加をしてもらうと、新郎側の友人を多く呼ばなくてもよくなるので、ここでの負担も軽減するでしょう。

新婦としては自分の友人が踊ってくれると、喜びが倍増する可能性があるのです。できれば新郎の友人と新婦の友人で集まって、フラッシュモブを成功させましょう。

 

友人が集めにくい場合には

友人を集めたいと思うけれど、なかなか集まらない場合もあります。新郎として、こうなると焦ってしまいますよね。

このような時にはフラッシュモブ代行会社に問い合わせをして、ダンサーを依頼するようにしましょう。

フラッシュモブで集める人数は、式場の広さも関係してきます。例えば式場に100名を呼んでいるとしたら、フラッシュモブのダンサーとしては10名ほどが理想的でしょう。

イメージとしては、大体は5人か6人ほどのダンス参加者が多いもの。でも例えば友人が2人しか集まらないとしたら、フラッシュモブ代行会社から必要な人数のダンサーを派遣してもらうとよいですね。

 

友人の人数が多い場合

友人の人数が多いと、ダンスの練習のための日を合わせにくくなってしまうのです。このため「一度もダンスの練習に参加できなかった」ということになるかもしれません。

これを避けるためには、練習に参加をする余裕がある友人に声を掛けるようにした方が賢明でしょう。

元々ダンスが上手な友人ならまだ安心ですが、一度も練習に参加をしてもらっていないと思うと周りの人たちも不安になってしまうのです。

友人に声を掛ける時に、練習に参加をしてもらう必要があると伝えるのを忘れないようにしましょう。

 

フラッシュモブに友人に参加をしてもらう時には

フラッシュモブについての話を、早い段階で友人にしておきましょう。突然話すと友人としても、心の準備が出来ていないので戸惑ってしまうかもしれません。

早めに話をして、OKをもらうようにしたいですね。スピーチやその他の余興を依頼すると共に、友人には新婦に内緒でこっそりとフラッシュモブへの参加をお願いしておくようにしましょう。